• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.75144.78

オミクロン株感染、都独自PCR検査で2日間で判明 ゲノム解析で監視徹底 都対策会議

東京都は3日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」をめぐる危機管理対策会議を都庁で開き、オミクロン株への感染の可能性を判別する都独自のPCR検査やゲノム(全遺伝情報)解析により、感染状況の監視を徹底することを確認した。都のPCR検査を用いることで早ければ2日間で感染の可能性が判明し、小池百合子知事は「先手先手で対策を講じる」と述べた。

「オミクロン株」への対応について説明する東京都の小池百合子知事=3日午後、都庁
「オミクロン株」への対応について説明する東京都の小池百合子知事=3日午後、都庁

都健康安全研究センター(健安研)が、オミクロン株特有の変異の有無を判別するPCR検査の手法を確立。オミクロン株への感染確定には約1週間にわたるゲノム解析を要するが、健安研のPCR検査を導入することで感染の可能性を短期間で捕捉でき、都は「早期に変異株の発生を封じ込め、感染抑止の対応をとることができる」と説明している。

小池氏は3日の定例記者会見で、「PCR検査とゲノム解析により積極的に市中の感染状況を監視する」と強調。オミクロン株の感染者が出た場合には、感染経路や濃厚接触者を調べる「積極的疫学調査」の対象を拡大する意向も示した。

対策会議では、今後の感染拡大に備え、無症状者や軽症者向けの宿泊療養施設として都内で確保している1750室を約3400室に増やすことも決めた。都はオミクロン株感染者の濃厚接触者にも宿泊療養施設での待機を要請することにしており、これまでに国内で確認された2例の感染者の濃厚接触者のうち大半が入所に応じている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)