• 日経平均26717.34547.04
  • ドル円115.24115.27

木原副長官が3回目接種の前倒し明言「自治体能力前提」

木原誠二官房副長官は5日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種までの間隔について「地方自治体の能力を踏まえながら、可能なところは前倒ししていただく」と明言した。米モデルナ製を前提とする。「原則8カ月」としている現行方針に関し、岸田文雄首相ができる限りの前倒しを求めていると語った。後藤茂之厚生労働相はNHK番組で、新変異株「オミクロン株」の状況も考慮する姿勢を示した。

木原誠二氏(春名中撮影)
木原誠二氏(春名中撮影)

政府は3回目接種の間隔をめぐり、当初は2回目完了から「8カ月以上」としたが、自治体判断で6カ月に短縮可能と変更。さらに原則8カ月に修正し、自治体の混乱を招いていた。

後藤氏は米ファイザー製、モデルナ製の2種類のワクチンについて「自由に選ぶのは、接種間隔が8カ月でも若干厳しい状況だ」と説明。一方で「総供給量に問題はない」とした上で「混乱が起きないように、どのように接種していくか考えたい」と強調した。


Recommend

Biz Plus