• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.75144.85

あおり運転検挙で浮かぶ秋田の運転マナー

秋田県警は11月、40代会社員を道交法違反(あおり運転)容疑で摘発した。車で走行中、目の前に出てきた車に注意しようと追いかけ、無理に停止させたという。会社員の行為が危険なことは言うまでもないが、秋田県では目前での右折や内回り右折、追い越し妨害、車間距離無視など〝ちょっと怖い〟運転をする人が少なくないという指摘もある。

秋田市の通称「新国道」。ここでも無理な進入や右折を見かけることが少なくない(八並朋昌撮影)
秋田市の通称「新国道」。ここでも無理な進入や右折を見かけることが少なくない(八並朋昌撮影)

注意しようと割り込み

北秋田署の調べでは、会社員は国道を車で走行中、道路左から右折で出てきた軽自動車に進路を妨害されたとして、Uターンして追いかけ、直前に割り込んで停止させた疑い。

会社員は「急ブレーキをかけるほど危険な状況だったのに、そのまま走り去ったので、注意しようと思った」と打ち明ける。

双方ともドライブレコーダーを装備しておらず、同署は軽自動車の60代男性については「直進妨害など違反を証明できるものはない」としている。

目前の進入・右折

今回のような目前での進入や右折について、秋田市の40代男性は「秋田県ではよくあること。ひとごとではない」という。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)