• 日経平均27135.68-175.62
  • ドル円144.97145.00

生産性、OECDで過去最低23位 先進国では最下位

日本生産性本部は17日、一人の労働者が一定の時間でどれだけのモノやサービスを生み出すかを示す労働生産性に関する2020年の国際比較を発表した。日本の1時間当たりの労働生産性は49・5ドル(購買力平価換算で約5086円)で、経済協力開発機構(OECD)加盟の38カ国中23位となり、データが取得可能な1970年以降、最も低い順位となった。

経済協力開発機構(OECD)の本部=パリ(AP)
経済協力開発機構(OECD)の本部=パリ(AP)

新型コロナウイルスの影響で、経済が大きく落ち込んだ一方、営業自粛などで労働時間の短縮が進み、労働生産性は前年比で1・1%上昇した。ただ先進7カ国では、トップの米国の6割に相当する水準で、最下位が続いている。

岸田文雄政権は看板政策で、賃金アップを柱とした分配戦略を掲げるが、生産性本部の担当者は「この状況ではハードルは高い。生産性を回復させる取り組みが求められる」と指摘している。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)