• 日経平均00
  • ドル円127.81127.82

【令和4年 成長への展望】りそなホールディングス社長 南昌宏さん(56) 「ESG」目線で顧客の事業サポート

インタビューに応じるりそなホールディングスの南昌宏社長
インタビューに応じるりそなホールディングスの南昌宏社長

--今年を振り返り、力を入れたことは

「新型コロナウイルス禍からの回復に向けて、しっかりとした結果を出すためにやってきた。(コロナ関連)融資は累計で4.6兆円に上り、伴走型で取り組んでいる」

--融資先に関するESG(環境・社会・ガバナンス)の重要性が増している

「サプライチェーン(供給網)の中で企業に要求される水準が変わっている。例えば、原材料の仕入れ先について『安く、良いもの』だけでなく、環境に対する影響などESGの観点を入れて考えなければ、はじき出されることになると思う。顧客の現在地、将来のリスクなどを一緒に考えることが大切で、来年4月ぐらいからESGの目線を入れた事業性評価を始めたい。ヒアリング、情報収集を通じて、顧客企業の事業の持続可能性、成長の可能性をしっかり理解したい」

--評価が低い場合は融資を止めるのか

「そういう話ではなく、ESGの必要性を共有し、課題解決に向けてサポートしていくための材料、出発点にしていく。われわれも知見、ノウハウを蓄え、組織力を高めることが大事で、スピードが勝負の分かれ目になる」

--ESG関連の投融資にも力を入れている

「令和12年度までに10兆円実行することを表明しているが、2兆~3兆円は(課題解決の効果の評価も行う)インパクト投資など商品の提供で対応したい。社会全体がESGの取り組みを進める上で、個人の方々の理解を得ながら金融行動を変えていくことが重要だ」(高久清史、写真も)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)