• 日経平均26748.14-253.38
  • ドル円127.40127.41

他にもオミクロン市中感染疑い例 大阪府、疫学調査を強化

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」をめぐり、国内初の市中感染の事例が22日、大阪で明らかになった。今回確認された家族3人とは別に、海外渡航歴がなくオミクロン株感染が疑われる事例は複数ある。府は国と連携して濃厚接触者を特定する疫学調査を強化しているが、オミクロン株の感染拡大力はデルタ株より強いとされ、市中感染の蔓延(まんえん)を防げるかどうかは予断を許さない。

「市中感染は時間の問題だと思っていた。その時が来た」。大阪府の吉村洋文知事は22日の記者会見で、国内初の市中感染への認識を問われ、こう答えた。

府によると、市中感染の事例とされる府内在住の3人は5人家族。30代の父は18日に発症、20日に医療機関を受診してコロナ陽性と分かった。21日にデルタ株を検出するスクリーニング検査で陰性となり、同日深夜に府のゲノム解析でオミクロン株と確定した。

父の濃厚接触者として検査を受けた家族4人全員がコロナ陽性と判明。うち30代の母と未就学の女児がオミクロン株と確定。残る未就学の子供2人もデルタ株は陰性で、ゲノム解析中という。

疫学調査でこの家族が大規模イベントに参加したり飲食店を利用したりした事実は確認されていないが、父が勤務する小学校では別の教員のコロナ感染が確認され、ゲノム解析中の子供1人が通う児童福祉施設とともにすでに休業。府は教員や児童ら全員にPCR検査を実施する。

さらに、この家族とは関係のない4人も新型コロナに感染し、デルタ株は陰性のためゲノム解析中という。うち2人は渡航歴がない。吉村氏は「オミクロン株の可能性が高い。市中感染があるという前提で動くべきだ」と警鐘を鳴らした。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)