• 日経平均26911.20251.45
  • ドル円129.18129.19

IT業界の平均年収ランキング発表 最も高い職種は? 20代と30代以上で“二極化”も

パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」は22日、2021年のIT職種平均年収ランキングを発表した。2020年9月~2021年8月の1年間にdodaのエージェントサービスに登録した約45万人のデータから、IT関連業種・IT職種で正社員として働く20~65歳までのユーザーをピックアップして平均年収をまとめた。

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)

平均年収が最も高いIT職種は?

同社の調査によると、2021年のIT職種の平均年収は438万円だった。2020年から14万円減、2019年から19万円減と下降傾向が続く一方、全職種の平均年収との比較ではIT職種の方が35万円高く、他職種と比較しても需要が高いことがうかがえる。

全職種合計とIT職種の平均年収推移(パーソルキャリアのプレスリリースより)
全職種合計とIT職種の平均年収推移(パーソルキャリアのプレスリリースより)

IT職種の平均年収ランキングトップ20のうち、2年連続で平均年収が増額したのは1位の「プロジェクトマネジャー」(671万円)のみ。2位の「プリセールス」(630万円)は3位の「ITコンサルタント」(585万円)との差額が大きく、順位の変動はないものの、昨年比マイナス28万円と大きく減少する結果になった。4位の「IT戦略/システム企画」(576万円)は昨年比プラス1万円と微増したが、IT職種の中で唯一、全年代の平均年収が増加した。

昨年と比較して年収が増加したのは4職種、減少したのは14職種、ランク外からランクインしたのは2職種と全体的に減少傾向にあるものの、ランキングの順位自体には大きな変動はなかった。

20代と30代以上の“落差”

「IT/通信」業界全体の平均年収を見てみると、2019年は446万円、2020年は444万円、2021年は433万円と右肩下がりに。この業界に分類される4業種の平均年収では、「ITコンサルティング」(458万円、昨年比3万円増)と「ハードウェア/ソフトウェア/パッケージベンダ」(451万円、昨年比2万円増)の2業種が増加したが、「システムインテグレータ」(452万、昨年比マイナス3万円)、「通信/ISP/データセンター」(398万、昨年比マイナス5万円)は減少した。

一方、これらの平均年収を年代別で区分けすると、20代は4業種のうち3業種の年収が減少したのに対し、30代以上ではほとんどの業種で年収が増加していることも判明した。増加額が最も大きかったのは、50代以上の「ハードウェア/ソフトウェア/パッケージベンダ」(813万円)で、57万円増。世代間で平均年収の“二極化”が起こっている現状がうかがえる。

同社によると、今年は昨年と比較して年収水準が低めのポテンシャル層や若手層の登録が増加傾向にあったという。dodaの喜多恭子編集長は「経験の浅い転職希望者の割合が増加したことが平均年収に影響した」と考察。30代以上の平均年収が増加していることについては、「即戦力として活躍できる人材が求められ、提示年収の水準もアップしたと考えられる。その結果として、30代以降の知識や経験が豊富な登録者が増加し、平均年収を引き上げた」と分析している。



Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)