• 日経平均27777.90-448.18
  • ドル円134.89134.90

安保影響データ59件流出か 三菱電機サイバー攻撃

防衛省は24日、防衛装備品を受注する三菱電機が昨年1月に受けたサイバー攻撃で、安全保障に影響を及ぼす恐れのあるデータファイル59件が外部に流出した可能性があるとの調査結果を発表した。同省は現行制度よりも厳格で米国の調達基準と同程度のサイバーセキュリティー基準を今年度中に設けるとしている。

三菱電機本社が入るビル前の看板=東京都千代田区(鴨川一也撮影)
三菱電機本社が入るビル前の看板=東京都千代田区(鴨川一也撮影)

三菱電機は昨年1月、中国にあるサーバーからサイバー攻撃を受けたと発表。外部に流出した可能性のあるデータファイルの中に安全保障上、影響を及ぼす恐れのあるデータが3件が含まれていることが判明した。その後、防衛省は三菱電機で保管されている防衛に関するデータファイル2万件を全て調査、さらに56件見つかった。

同省は漏洩(ろうえい)したデータについて、外部に知られていることを前提とした対応を取るなどして保全措置を取った。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)