• 日経平均28333.52209.24
  • ドル円114.58114.60

エアバッグ性能に問題か 日産、三菱の軽自動車

日産自動車と三菱自動車は24日、日産の軽ワゴン「ルークス」などが衝突試験で、一部の条件下ではエアバッグの性能が十分発揮されない可能性があることが分かったと発表した。対象車種は他に三菱自の「eKスペース」「eKクロススペース」。今月3日から生産や出荷、販売を停止している。性能確認には時間を要する見通しで、再開のめどは立っていない。

日産自動車の「ルークス」
日産自動車の「ルークス」

両社は通常走行での安全性に問題はなく、衝突時にはエアバッグが作動するとしている。あらゆる条件で想定通りに作動するかどうか調査している。3車種は外観などが異なる姉妹車で、日産が開発し、三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)で生産している。

日産が昨年10月実施した衝突試験で不審点があり、調べたところ異常が判明した。リコール(回収・無償修理)を実施するかどうかは調査結果を踏まえ、適切に判断するとしている。


Recommend

Biz Plus