• 日経平均28546.98727.65
  • ドル円133.43133.46

電車の無差別殺傷事件を想定し訓練 大阪府警富田林署や近鉄

大阪府警富田林署と近畿日本鉄道は23日、近鉄富田林駅構内で無差別殺傷事件を想定した訓練を初めて合同で実施した。駅員が利用客を守りながら110番通報し、パトカーで駆け付けた警官がさすまたやシールドを使って暴れる男を取り押さえる訓練を行った。

犯人役の男を捕まえる訓練を行う大阪府警富田林署員ら=大阪府富田林市
犯人役の男を捕まえる訓練を行う大阪府警富田林署員ら=大阪府富田林市

東京の京王線で起きた乗客刺傷事件など相次ぐ列車内での事件を受け、府警が今月に入り、在阪鉄道事業者や国土交通省近畿運輸局と鉄道利用者の安全確保に関する包括連携協定を締結。この日の訓練は同署員や近鉄社員ら計37人が参加し、刃物を振り回す男がホームに現れ、利用客を襲う想定で行われた。

署は「課題を検証し、慌てることなくしっかり現場対応できるようにしたい」と話した。同駅を管轄する近鉄古市駅の下垣内力也駅長は「通報、駅員のとるべき安全対応を確認できて参考になった」と述べた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)