• 日経平均27110.91-200.39
  • ドル円144.97144.98

【令和4年度予算案の焦点⑧】経済安保、レアアースや半導体に重点

令和4年度予算案では、成長戦略の柱でもある経済安全保障分野にも重点を置いた。日本の戦略技術や戦略物資の保全や育成を推進する。

半導体世界大手のTSMCの工場建設予定地=11月20日、熊本県菊陽町
半導体世界大手のTSMCの工場建設予定地=11月20日、熊本県菊陽町

蓄電池や半導体に不可欠なレアアースなどの重要資源確保に向け、計957億円を計上した。このうち388億円を石油天然ガス田の探鉱や資産買収に振り向ける。国内の石油天然ガスの地質調査や、国産の次世代燃料として期待されるメタンハイドレートの研究開発事業として273億円を盛り込んだ。

国内半導体産業の基盤強化にも取り組む。政府は既に3年度補正予算に7740億円を計上。台湾積体電路製造(TSMC)が熊本に建設する新工場が支援第1号案件として想定される。

4年度予算案でも先端半導体の国内生産支援などに149億円を充当。このうちAI(人工知能)チップと呼ばれる高効率・高速処理を可能とする半導体や、次世代コンピューティングの技術開発の支援に101億円を積んだ。

AIや量子技術をはじめとする重要技術の研究開発や実用化支援に向け、3年度補正予算には2500億円を盛り込んだ。4年度予算案ではこうした重要技術の動向調査や中小企業・大学などの管理体制の構築などを後押しするため51億円を計上した。

デジタルやグリーンなどの成長分野で先端技術を持つ海外企業の誘致も目指す。安全保障面に配慮した上で対日直接投資を拡充するため、日本貿易振興機構(ジェトロ)の運営支援などに255億円を充てた。

このほか、来年の通常国会への提出を目指す経済安保推進法(仮称)の制定に向けた作業を加速させるため、内閣官房に設置した法制準備室の執務環境整備に11億円を計上した。(岡田美月)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)