• 日経平均27777.90-448.18
  • ドル円135.36135.37

「まだお酒が入っているのに…」銀座のママが空いていないグラスにもお酌する“納得の理由”

PRESIDENT Online

多人数での会話で、全員が楽しく時間を過ごすためには、どんな工夫が必要か。銀座の高級クラブ「クラブ由美」のオーナー・伊藤由美さんは「お店でそういった状況になったときに使うのが『お酌』。これこそ日本人の伝統とメンタリティだと思う」という--。(※本稿は、伊藤由美『銀座のママが教えてくれる「会話上手」になれる本』(ワニブックスPLUS新書)の一部を再編集したものです)

※画像はイメージです(GettyImages)
※画像はイメージです(GettyImages)

3人以上で話していると孤立する人が出てくる

2人でする会話は、お互いが「話し手」と「聞き手」の役割を交代しながら進んでいきます。2人しかいないのですから、両者は必ずどちらかの役割を担って会話に参加することになります。でもこれが3人以上集まって交わす会話になると、いろいろと状況が変わってきます。

そこで起こり得るのが、話し手にも聞き手にもなれず、役割を持たないまま会話に入れない人が出てくるというケースです。そうした状況で求められるのは、会話に参加している人ひとりひとりが、誰かを孤立させない気配りをするということです。

最小単位の3人のケースで考えてみましょう。2人でのキャッチボールでは必ずお互いにボールが回りますが、3人でのキャッチボールでは、3人が意識して平等に投げる相手を切り替えないと、ひとりだけ全然ボールが来ない人ができてしまいます。

会話に置き換えると、3人が「話す」と「聞く」を適度に交代し合っているときはいいのですが、ひとたびバランスが崩れると、「話す」と「聞く」に加えて、「その2人を傍観する」という立場が生まれてしまうんですね。例えば、Aさん、Bさん、Cさんの3人が話していて、ふとしたことからAさんとBさんはゴルフが趣味、Cさんはゴルフをしないことがわかったとしましょう。

A「Bさんは最近、コースには出ているんですか?」

B「いやあ、行きたいのは山々だけど、週末の出勤が多くてね」

C「......」

A「私もたまに打ちっぱなしに行く程度。下手になっちゃっただろうな」

B「もう身体が覚えてるから、すぐ思い出すでしょ」

C「......」

A「だといいんですけど--。今度、いっしょに回りませんか」

B「いいですね。じゃあ、LINE交換しときましょうか」

話題を共有できるAさんとBさんで盛り上がり、Cさんだけが「傍観者」になって置いてけぼりになっています。すでにこの会話のバランスは崩れかけていると言えるでしょう。

「蚊帳の外」をつくらないようにすべき

瞬間的にこうした状態になることはよくあります。ただ、このバランスのまま延々と会話が続いていくと、Cさんを孤立させてしまいます。AさんやBさんに悪気がないことはわかります。ただ、このとき「この会話にはもうひとり、ゴルフをしない人がいる」ことに意識を回せるかどうか。それが「孤立させない気配り」ができるかどうかになるのです。

ある程度2人でやりとりしたら、AさんかBさんどちらかが、「Cさんはゴルフ、始めないんですか」「何か他のスポーツやってるんですか」と、Cさんに話題を投げかければいいのです。すると、例えば

C「やらないけど観るのは好きで、テレビではしょっちゅう観戦してますよ」

A「先週の○△オープン、観ました? いい試合でしたよね」

B「ですよね。まさか、プレーオフになるとは思わなかった」

C「テニスを少々。でも、この歳になると、なかなか上達はしませんね」

A「そうですか。今、大坂なおみ選手がすごいですよね」

C「ええ、試合の中継、全部観ちゃいましたよ」

B「これで、テニス人口がまた増えそうですよね」

と、Cさんも参加することができて、会話のバランスが修正されていきます。

気配りと言っても難しいことはありません。会話のバランスの偏りに注意すること。偏りに気づいたらすぐに修正すること。つまり、「ひとりぼっち」をつくらないこと。「ひとりぼっち」を放っておかないことです。

ここではたまたま3人のケースを例に挙げましたが、4人、5人と会話の人数が増えていっても同じことです。大勢で盛り上がっているときこそ気配り目配りをして、「蚊帳の外」の人をつくらない配慮をする。2人だろうと、3人だろうと、もっと大勢だろうと、気持ちよく会話をするために必要なのはやはり、人としてのやさしさと思いやりなのですね。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)