• 日経平均27777.90-448.18
  • ドル円135.47135.48

米、追加接種12歳以上に ファイザー製、5カ月間隔

米食品医薬品局(FDA)は3日、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、追加接種の対象を12歳以上に広げると発表した。2回目接種からの間隔も5カ月に縮めた。これまでは16歳以上が対象で、間隔は6カ月だった。

ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン(ロイター)
ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン(ロイター)

米国では新たな変異株オミクロン株が流行の中心で、昨年末には1日当たり40万人超の新規感染者が確認されていた。年末年始の休暇後、職場や学校に人が戻れば一層の感染拡大の恐れがあり、FDAは緊急使用許可の内容を変更した。

若年層では接種後、まれに心臓の炎症が起きることが知られている。FDAの担当者は「大半が軽症で、1日程度の入院で済んでいる」と指摘。接種のメリットの大きさを考慮すれば、副反応のリスクは許容できると説明した。

他社製ワクチンの追加接種の条件は変えなかった。当初モデルナ製を接種した場合、対象は18歳以上で6カ月間隔。ジョンソン・エンド・ジョンソン製は18歳以上で2カ月間隔となっている。FDAはさらなる間隔の短縮について、データの蓄積を待つ姿勢を示した。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)