• 日経平均27968.99-58.85
  • ドル円138.63138.64

ウクライナに迫る「旧チェコスロバキアの悲劇」 日本は国防力の抜本的強化を

緊張するウクライナ情勢をめぐって、今年1月2日、バイデン米大統領は、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談した際、ウクライナが絡む事案はウクライナの関与なしに決定しないことを強調したとされる。

緊張するウクライナ情勢。強大国に隣接する国が領土と主権を保持するためには、強大国に侮られない程度の軍事的力、経済的力を保有することが不可欠である(Getty Images)※画像はイメージです
緊張するウクライナ情勢。強大国に隣接する国が領土と主権を保持するためには、強大国に侮られない程度の軍事的力、経済的力を保有することが不可欠である(Getty Images)※画像はイメージです

歴史が示す“約束”の行方…

以前にも、同趣旨のことを他国の指導者に懇請した人物がいる。1938年9月28日、当時のチェコスロバキアのベネシュ大統領は、ミュンヘン会談に臨もうとしているイギリスのチェンバレン首相に対し「ミュンヘンでは、チェコスロバキアと相談することなしには何ひとつ決定されぬようお願いします」と申し入れた(松浦伶訳:ウィリアム・L・シャイラー「第三帝国の興亡」〈2〉366頁)。しかし、その願いはかなえられなかった。

チェコスロバキアのズデーテン地方をドイツに割譲するかどうかを決める会談は、翌29日午後0時45分からドイツ・ミュンヘンのケーニヒスプラッツで始まった。だが、そこにはドイツのヒトラー、イタリアのムッソリーニ、イギリスのチェンバレン首相、フランスのダラディエ首相の姿があるだけで、当事国であるチェコスロバキアのベネシュ大統領の姿はなかった。

さすがに、チェンバレン首相が、チェコスロバキアの代表を一人は同席させるべきだと主張したものの、ヒトラーの拒絶により、チェコスロバキアの代表者は隣室で待機することしか許されなかった。こうして、チェコスロバキアの代表者としてベルリン駐在公使と外務省関係者の2人が長時間隣室で待機したが、会談に呼ばれることはなく、ヒトラーとの戦争を回避することを最優先して、チェコスロバキアのズデーテン地方をドイツに割譲することが決定された。その後の展開は歴史が示すとおりである。

バイデン大統領は、もし、ロシアがウクライナに侵攻したら前例のない強固な経済制裁を科すと宣言しているが、ロシアの出方を見ていると、プーチン大統領は既にウクライナ侵攻を決意しているように感じられる。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)