• 日経平均27522.26-250.67
  • ドル円113.68113.78

記憶よりも大量に…いつも家が散らかっている人の冷蔵庫に必ず入っている“ある食べ物”

PRESIDENT Online

家の片付けが苦手な人には共通点がある。整理収納アドバイザーのkayokoさんは「冷蔵庫から賞味期限切れの調味料が出てくる人は要注意。種類があると便利に思えるモノは、ついつい数を買い込みがちだが、それがかえって手間を増やしてしまう」という--。※本稿は、kayoko『暮らしが整う「片付けない」片付け』(アスコム)の一部を再編集したものです。(PRESIDENT Online)

※写真はイメージです 写真=iStock.com/LukaTDB
※写真はイメージです 写真=iStock.com/LukaTDB

掃除のハードルを上げてしまう“残念な習慣”

「便利だから」と、いろいろなサイズを取り揃えている保存容器。蓋をしめて収納すると場所を取るので、容器を重ねて、蓋は別にして収納していますよね。

それは正解だと思うのですが、いざ使うときになって蓋と容器が一致せず、トランプの神経衰弱のように蓋を探し回った経験、ありませんか。

「保存容器に料理の残りを入れて蓋をしめようと思ったら、あれ? サイズが違う。これの蓋どこ行った~?」なんて焦りは、忙しい日常ではよくあること。

以前は私もイライラしながら容器と蓋を合わせるパズルをやっていました。

蓋合わせパズルはもうおしまいにしたい! そこで、保存容器の種類を統一したんです。大きさは3種類ほど。同じメーカーのモノにしたので、同じサイズの容器ならどの蓋でもしまります。

たまに、入れたい量に比べて容器がちょっと大きいこともありますが、「大は小を兼ねる」の精神で、多少のことには目をつぶります。逆に入りきらず、容器を2個使うこともありますが、それもOK。

整理用ボックスに入れたら、蓋を探す手間もスッキリ解消しました。

「冷蔵庫を見れば一目瞭然」家がきれいな人は収納がうまい

種類があると「便利」に思えるモノは、ついつい数を買い込みがちです。でもそれが、かえって手間を増やしてしまうこともあるんです。

たとえば食品ストック。ストックしておくほうがいざ買い物に行けなかったときに「便利」で「安心」という心理が働きますが、実はこれが暮らしのプチストレスを生んでいます。

買い過ぎを防ぐためには、どのくらいストックがあるのか記憶しやすくすること……なんですが、引き出しや棚にいろいろな食材がギュウギュウに詰まっていると、全体の量が分かりにくいですよね。

パッと見たときに何がどれだけあるか把握できず、ついなかったような気がして、また買ってくるということが起きてしまいます。

「引き出しに入れようと思ったら、あ! 同じモノがあった! 1つならまだしも2つもあった! しかも賞味期限が切れている……」

これだけでもう、うんざりですよね。

この時期、年末年始に向けた買い出しという面倒な作業があります。収納スペースの確保のためにも、食品ストックを整理するきっかけにしてはいかがでしょうか。

まずは---賞味期限切れの食品もたくさん出てきてショックを受けると思いますが、これがリセットするいいチャンスです。残念ですが、廃棄するしかありません。

ストックを見れば、買い物のクセが分かる

栄養価が高そうだからと買った豆の缶詰は家族が好きでないので結局使っていない。一度試してみようと買ったエスニックスパイスも使わずじまい……。こんなことからも家族の食の好みや、自分の味の傾向も見えてきます。

ダブっている買い置きが見つかったら、実際に使いきれるのか、こんなに必要なのか、あらためて考えてみましょう。

すると、自分の買い物のクセも見えてきます。長期間ストックされたままの食品の傾向が分かると、次からは無駄買いをしなくなりますから、結果的にお金の節約にもなりますよ。

食品ストックの収納は、ファイルボックスなどを使って「乾物系」「麺類」「缶詰」などのグループごとに仕切っておくと、分かりやすくなります。

ボックスの中のモノは、なるべく立てるようにしましょう。重ねてしまうと下のほうのモノが見にくくなって、結局忘れてしまいます。目的は、ざっと俯瞰して「何と何はある!」とひと目で分かる状態にすること。パッと見て把握できると、無意識に記憶できるようになりますよ。

「掃除機は一家に1台」という思い込みをなくす

部屋を見渡せば、ホコリも目につくし、床にお菓子のカスがこぼれたまま。掃除しなくちゃならないのは分かっているけど、疲れてるし、やりたくないなあと、どうしても面倒に感じてしまいます。


Recommend

Biz Plus