• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.20

「ノーマスク」来庁者で厳戒態勢、トラブルなし 東京地裁

東京地裁は13日、新型コロナウイルスのワクチン特例承認取り消しを求める訴訟の弁論に、マスクを着用しない傍聴希望者ら多数の来庁を見込み、異例の厳戒態勢を取った。午前は同じ建物内の東京高裁、東京簡裁を含め、他の法廷は開かれなかった。目立ったトラブルはなく、特別警備態勢は午後に解かれた。

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

13日は午前8時前から地裁の正門前にマスクを着けない人の列ができた。地裁は傍聴希望者192人にリストバンド型の抽選券を配布。フェースガードとマスクを着けた裁判所職員が来庁者に用件を尋ねたり、身分証の提示を求めたりした。

訴訟で原告側は「ワクチンの安全性の科学的証明がなされていない。マスクの効用も疑問がある」と主張し、ホームページなどで傍聴を呼びかけていた。

昨年10月の第1回口頭弁論では、傍聴希望者や支援者ら数百人がマスク未着用のまま庁舎内に入り、1階ロビーがマスクをしない人であふれかえるなど一時騒然とした。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)