• 日経平均27777.90-448.18
  • ドル円135.31135.32

海部俊樹元首相が死去 湾岸戦争対応で苦慮

第76、77代首相を務めた海部俊樹(かいふ・としき)氏が9日に死去したことが14日分かった。91歳だった。関係者が明らかにした。葬儀は近親者で済ませた。

海部俊樹首相を表敬訪問したサッチャー前英首相(1991年9月1日撮影)
海部俊樹首相を表敬訪問したサッチャー前英首相(1991年9月1日撮影)

愛知県出身。中央大専門部法科、早稲田大法学部を経て、昭和35年の衆院選に29歳で初当選。連続16回当選。自民党では三木派(現麻生派)に所属し、三木武夫元首相の「秘蔵っ子」として台頭。文教族として活躍し、51年に文相で初入閣した。

平成元年8月、「リクルート事件」による政治不信が高まる中、クリーンなイメージが支持され、昭和生まれ初の首相に就任。水玉模様のネクタイを愛用することで知られた。

3年1月に湾岸戦争が勃発し、停戦後に海上自衛隊の掃海部隊をペルシャ湾に派遣した。一方、多国籍軍への多額の資金提供は国際社会の評価が低く、後に自衛隊海外派遣の法整備を見直すきっかけとなった。

3年9月に衆院の小選挙区比例代表並立制を柱とする政治改革関連法案が党内の反対で廃案となると、「重大な決意」と発言。衆院解散を決断したが、党内の猛反対を抑えられず断念、同年11月に退陣した。在任期間は818日。

6年に社会党の村山富市委員長(当時)の首相指名に反発し、自民党を離党。首相時代の自民党幹事長だった小沢一郎衆院議員(現・立憲民主党)らと新進党を結成し、初代党首に就任した。その後、自由党、保守党などを経て15年に自民党復党。21年の衆院選で落選し、政界を引退した。議員生活は約49年に及んだ。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)