• 日経平均27522.26-250.67
  • ドル円113.68113.78

露外相「2~3カ月内の訪日」で調整

【モスクワ=小野田雄一】ロシアのラブロフ外相は14日、年頭の記者会見を開き、2~3カ月以内の日本訪問について日本側と調整していることを明らかにした。また、日米同盟の存在が日露平和条約締結の障害になっているとの認識を改めて示した。

ロシアのラブロフ外相(タス=共同)
ロシアのラブロフ外相(タス=共同)

ラブロフ氏は「日本と実質的で開かれた対話を期待している」とする一方、北方領土は「ロシアの不可分の領土だ」とする従来の主張を繰り返した。日本が対露制裁などで欧米と歩調を合わせるのをやめ、ロシアと「新たな協力関係」を結ぶのであれば、日露間の問題解決は容易になると語った。

ウクライナ情勢をめぐって10日から始まった米露協議については、ロシアの要求に対する「書面での回答」を米国に求めており、その内容次第では協議を打ち切る可能性を示唆した。

ラブロフ氏はまた、来月4日に開幕する北京冬季五輪の開会式にプーチン露大統領が出席し、同日に中国の習近平国家主席と会談する予定だと明らかにした。


Recommend

Biz Plus