• 日経平均27686.40-199.47
  • ドル円136.51136.52

強い冬型、大雪警戒続く 日本海側、交通障害の恐れ

日本付近は14日、強い冬型の気圧配置が続き、気象庁は東日本の日本海側や山沿いを中心に大雪への警戒を呼び掛けた。交通障害や電線、樹木への着雪、なだれが起きる可能性があり、注意が必要だ。北海道では猛吹雪になったり吹きだまりができたりする恐れがある。海上は北日本から西日本の日本海側で大しけの場所がある見通し。

気象庁
気象庁

14日未明は京都府南丹市や岐阜県飛騨市、北海道羅臼町などで3時間に10センチ以上の降雪があった。

JR東海によると、東海道新幹線は名古屋―米原間の雪の影響で、始発から豊橋―新大阪間の上下線で速度を落として運転し、遅れが出た。JR西日本によると、山陽新幹線でも広島県内の一部で雪のため始発から徐行運転となった。

気象庁によると、14日は北日本から東日本の上空に強い寒気が入り、北日本で冬型が強まる。

15日午前6時まで24時間の予想降雪量は多い所で、関東甲信、北陸60センチ、北海道、東海50センチ、近畿、中国25センチ。14日の予想最大風速(最大瞬間風速)は北海道23メートル(35メートル)。波の高さは北海道、北陸、近畿6メートル。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)