• 日経平均27777.90-448.18
  • ドル円135.37135.39

松野氏「担当相として必ず拉致解決」 知事の会らに

拉致問題担当相を兼ねる松野博一官房長官は14日、「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」会長の黒岩祐治神奈川県知事らと首相官邸で面会し、全面解決を求める要望書を受け取った。松野氏は日朝首脳会談の早期実現を目指す政府の方針を挙げ「拉致問題は岸田文雄内閣の最重要課題だ。担当相として必ず解決したい」と強調した。

北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会で松野博一官房長官に要望書を提出する知事の会会長の黒岩祐治神奈川県知事(中央左)=14日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会で松野博一官房長官に要望書を提出する知事の会会長の黒岩祐治神奈川県知事(中央左)=14日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

黒岩氏は、横田めぐみさん(57)=拉致当時(13)=の父、滋さんや家族会前代表の飯塚繁雄さんらが相次いで死去するなど家族が高齢化する現状に強い危機感を表明。被害者帰国という具体的成果を求め「国民を救出できるのは政府だけだ。知事会も、全面解決への取り組みを支える」と呼びかけた。

要望書では、拉致問題が解決しない限り、国交正常化や経済支援を行わないことを要請。米国など各国に解決に向けた協力を求め、被害者の所在地情報の把握や拉致の全容解明を目指すことなどを求めた。

知事の会は全都道府県知事がメンバー。面会には花角英世新潟県知事、平井伸治鳥取県知事が同席した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)