• 日経平均28283.03-100.06
  • ドル円139.10139.13

北京でオミクロン株を初確認 北京五輪前に緊張高まる

【北京=三塚聖平】北京市当局は15日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染者1人を確認したと発表した。市中感染とみられ、北京でオミクロン株の感染者が確認されるのは初めて。来月4日に北京冬季五輪開幕を控える中で緊張が増している。

オミクロン株の市中感染が確認され、封鎖された感染者が住む居住区の出入り口=15日、北京市海淀区(CNS=共同)
オミクロン株の市中感染が確認され、封鎖された感染者が住む居住区の出入り口=15日、北京市海淀区(CNS=共同)

感染者は、大学や大手IT企業の本社が集まる同市海淀区で確認された。この人物は直近の14日以内に市外には出ていない。中国メディアによると、居住地や勤務先は既に封鎖され、関係者のPCR検査が行われているという。

わずかな感染拡大も許さない「ゼロコロナ」政策をとる中国でも、オミクロン株の感染が徐々に広がっている。中国政府は15日の記者会見で、13~14日に広東省の珠海と中山、上海市で確認されていた感染者を調べたところオミクロン株だったと明らかにした。天津や遼寧省大連でも、これまでにオミクロン株の感染者が確認されている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)