• 日経平均27120.53128.32
  • ドル円144.32144.33

中国、2021年GDPは8・1%増 10~12月期は4・0%増に鈍化

【北京=三塚聖平】中国国家統計局が17日発表した2021年の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年比8・1%増となった。新型コロナウイルス流行の直撃を受けて経済活動が停止した前年の反動増があったため、4年ぶりに前年の成長率を上回った。中国政府の目標である「6%以上」を上回り、11年(9・6%増)以来の伸びをみせた。

中国国旗が掲げられた北京駅を行き交う利用客ら(共同)
中国国旗が掲げられた北京駅を行き交う利用客ら(共同)

一方、統計局が同時に発表した21年10~12月期の実質GDPは前年同期比4・0%増だった。7~9月期(4・9%増)から鈍化した。

21年前半は世界に先駆けてコロナ禍からの回復が進んだこともあって堅調に推移したが、後半には半導体不足や電力の使用制限、不動産市況の悪化が足を引っ張った。

中国は、20年初めに新型コロナの流行で急激な景気悪化に見舞われた。その後、強権的な措置で早期に感染拡大に歯止めをかけ、20年の実質GDPは前年比2・3%増だった。

今年の中国経済をめぐっては原材料価格の高騰や、国内各地での散発的な感染拡大に伴う厳しい制限措置といった懸念がくすぶっている。中国共産党と政府は「需要の収縮、供給面の衝撃、(成長)期待の低下という3つの圧力に直面している」と強調。減税やインフラ投資などで景気を支える方針を示している。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)