• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.20

トンガで2人死亡確認 一部の島に10メートルの津波か

【シンガポール=森浩】南太平洋のトンガで起きた海底火山の大規模噴火をめぐり、トンガ警察当局は18日、2人の死亡が確認されたと明らかにした。ロイター通信が伝えた。トンガでは噴火以来、海外との通信が難しい状況が続いている。一部の島には最大で高さ10メートルの津波が押し寄せたとの情報があり、被害は拡大する可能性がある。

火山灰に覆われたトンガ・ノムカ島=17日(ニュージーランド軍提供・ゲッティ=共同)
火山灰に覆われたトンガ・ノムカ島=17日(ニュージーランド軍提供・ゲッティ=共同)

死亡した2人の詳細は不明。英メディアなどは、トンガの首都ヌクアロファのあるトンガタプ島西部で犬の保護活動を行っていた英国人女性(50)が津波で死亡したと報じた。女性は噴火後、犬を助けに家に戻った際に数匹の犬とともに津波に流されたという。トンガ警察当局が確認した2人にこの女性が含まれるかは分かっていない。

トンガでは噴火に伴い海底ケーブルが損傷したもようで、国外との連絡は衛星電話が頼りとなっている。噴火したフンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山の海域には海面上に285ヘクタールの陸地があったが、衛星写真によると噴火でほぼ消滅した。

トンガタプ島西部と一部の離島で特に深刻な被害が出ているもようだ。離島の状況について、オーストラリアのセセリャ太平洋担当相は「津波で多くの家屋が破壊され、厳しい状況だと理解している」と話した。ロイターは国連人道問題調整事務所(OCHA)の情報として、トンガタプ島北方のハアパイ諸島を高さ5~10メートルの津波が襲った可能性があると報じた。

トンガは近く豪州やニュージーランドなどに正式に支援を要請する予定。ただ空港の滑走路にも火山灰が積もっており、輸送機の着陸を円滑に行えるかは見通せない。また、トンガ政府は国内の医療が脆弱なことから、支援受け入れを通じた新型コロナウイルス感染拡大を懸念しているといい、各国の援助の障壁となる可能性がある。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)