• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

カザフ前大統領が完全引退表明 騒乱後初めて姿

【モスクワ=小野田雄一】中央アジアの旧ソ連構成国カザフスタンの反政府騒乱で、公の場に姿を見せていなかったナザルバエフ前大統領が18日、ビデオ声明を発表した。2019年の大統領退任後も院政を続けたナザルバエフ氏は「私はすでに年金生活者だ。トカエフ大統領が全権を掌握している」と述べ、政界からの完全引退を表明した。

ナザルバエフ氏は国家安全保障会議の終身議長の座にあったが、年初からの騒乱の中で5日、トカエフ氏が議長職を引き継いだと発表された。ナザルバエフ氏の側近や親族の要職からの解任や拘束も続いた。このため騒乱には権力闘争が絡んでいるとの見方が強いが、ナザルバエフ氏は声明で「エリート内に対立はない」と述べた。騒乱発生後も国内にとどまっていたとしている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)