• 日経平均00
  • ドル円127.76127.79

トンガ、近く支援物資到着 空港再開へ

【シンガポール=森浩】南太平洋のトンガ沖で起きた海底火山の噴火をめぐり、トンガ政府関係者は19日、オーストラリアとニュージーランド(NZ)の支援物資が近く空路で到着するとの見通しを明らかにした。ロイター通信が伝えた。火山灰で使用できなかった空港が再開する予定となったためで、物資は早ければ20日にも到着するという。難航していた支援活動が本格化する。

ニュージーランド・オークランドからトンガに向けて出発する船=18日(ニュージーランド軍提供・ロイター=共同)
ニュージーランド・オークランドからトンガに向けて出発する船=18日(ニュージーランド軍提供・ロイター=共同)

トンガ政府によると、15日に噴火したフンガ・トンガ―フンガ・ハアパイ火山に近い島では最大約15メートルの津波が押し寄せ、3人の死亡が確認された。特に火山に近いノムカ、マンゴー、フォノイフアの3島は壊滅的被害を受け、人的被害は拡大する恐れがある。

空港では滑走路の火山灰の除去作業が進み、おおむね使用が可能になったもようだ。現地では降灰で水が汚染され、飲料水の支援が待たれている。NZは既に海水を淡水化する装置などを搭載した船をトンガに向けて出発させた。

津波の影響で、南米ペルーでは15日に製油所で荷降ろし中のタンカーから原油が海に流出したことが判明。海岸などを汚染し、魚や鳥などに被害が出ている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)