• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

巨大地震とは異なる可能性 大分・宮崎震度5強 関連議論「防災確認を」

大分や宮崎で22日未明に最大震度5強が観測された地震は、震源が南海トラフ巨大地震の想定震源域だった。今回はプレート内部で発生し、プレート境界で起こるとされる巨大地震とは異なる可能性が高いが、気象庁は今後、識者を交えて関連を議論する方針だ。専門家は「地震が活発な地域。防災対策の確認を」と警鐘を鳴らしている。

亀裂が入った、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」の駐車場=22日午後1時48分、大分市
亀裂が入った、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」の駐車場=22日午後1時48分、大分市

巨大地震は、日本列島がある陸側プレートに対し、海側プレートが沈み込んで境界面にひずみがたまり、陸側プレートが大きく跳ね上がることで発生する。最大30万人超の死者が想定され、気象庁や専門家は監視を強めている。

22日の気象庁の記者会見では、報道陣から巨大地震との関連性を問う質問が相次いだ。担当者は「プレート境界がすべったようには見えない」と説明。さらに、今回の震源付近の境界は深さ30キロほどなのに対し、震源は深さ45キロで、境界とは離れているとの見解を示した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)