• 日経平均26939.5468.27
  • ドル円135.33135.34

エマニュエル米大使「価値観損ねる相手に日米ひるまず」

米国のラーム・エマニュエル新駐日大使は24日、着任のビデオメッセージを公開し、「日米同盟は(インド太平洋)地域の無限の可能性と希望を照らす灯台だ」と述べた。中国が軍事的覇権を強め、北朝鮮が核・ミサイル開発を進める中、日米が共有する価値観や目標を信じ、共通課題に立ち向かうことは「両国の務めであり、民主主義の模範の運命を決める」と語った。

羽田空港に到着した米国のラーム・エマニュエル新駐日大使(手前)=23日午後
羽田空港に到着した米国のラーム・エマニュエル新駐日大使(手前)=23日午後

エマニュエル氏は、独裁者や懐疑主義者による強権的な政治が「民主主義の秩序を常に脅かしている」と指摘。中露などの名指しは避けつつ「価値観を損ねるどんな相手にも日米は決してひるまない。これからの3年間の日米協力が今後30年間の両国の立ち位置を決定する」と強調した。

「日米は共にリーダーシップの責務をかつてないほど高めていく」とも語り、インド太平洋地域の民主主義陣営を両国で牽引(けんいん)していくべきとの考えを示した。

メッセージの中でバイデン大統領との関係も紹介。関係の近さをアピールしながら「大統領の支援を受け、駐日米国大使を務めることを光栄に思う」と語った。(坂本一之)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)