• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

議事録削除訴訟で判決確定 元市議の差別発言巡り

神奈川県鎌倉市議会での元市議の発言が人種差別的として、在日コリアンの男性がインターネット上の議事録からの削除などを求めた訴訟で、一部の発言を差別的と認め、市に11万円の支払いを命じた昨年12月の横浜地裁判決が24日、確定した。

判決では、現神戸市議の上畠寛弘氏が鎌倉市議だった平成29年3月に、議会の委員会で原告を名指しし「出身が出身なだけに本当に怖い」などとした発言を差別的と認定。一方で「市民の知る権利の実現に資する重要な役割を果たす」として、議事録からの削除は認めず、上畠氏への慰謝料請求も退けた。

原告側は上畠氏に対して控訴していたが、今月24日、取り下げた。原告は代理人弁護士を通じ「一方的な差別をされるのは大変苦しい」とコメント。鎌倉市は19日、控訴断念を表明していた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)