• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

JR東、駅員がカメラ装着 防犯対策で4月導入検討

JR東日本が、夜勤や泊まり勤務に入る駅員に常時装着する「ウエアラブルカメラ」を4月から配備する方向で検討していることが24日分かった。乗客などとのトラブルで暴力や犯罪被害に遭うリスクを減らすのが狙いで、国土交通省によると防犯目的での導入は鉄道業界では初めて。社員の安全確保と利用客のプライバシー保護を両立できるよう、運用面の詳細を詰める。

胸元にウエアラブルカメラを装着し、新幹線を巡回する警備員のイメージ(JR東日本提供)
胸元にウエアラブルカメラを装着し、新幹線を巡回する警備員のイメージ(JR東日本提供)

ウエアラブルカメラは手に持たず、胸などに装着する小型カメラで、高精細の動画を撮影できる製品が各種開発されている。常時撮影や遠隔操作による監視の是非、動画の保存期間などを今後検討。導入する駅や地域のほか、装着していることを客に知らせるかどうかを含め、労働組合と協議する。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)