• 日経平均26804.60-244.87
  • ドル円136.88136.91

恵方巻き経済効果649億円 関大・宮本名誉教授

関西大の宮本勝浩名誉教授は25日、今年の「恵方巻き」をはじめとする節分のすしの経済効果が、節分の日(2月3日)の1日だけで、約649億2096万円に上るとの予測を発表した。また、売れ残るなどして廃棄される恵方巻きの金額は約12億224万円と推計した。

経済効果のうち、すしの売上高の合計金額である「直接効果」と、原材料の売り上げ増加金額などである「1次波及効果」は約492億9184万円。関連して売上金額が増えた販売店の従業員などの消費増加額である「2次波及効果」は約156億2912万円に上る。

宮本氏は、「たった1日の経済効果とすれば驚異的な経済効果」と指摘。さらに、「コロナ禍で生活に困っている人々が増えている昨今、この廃棄される恵方巻きを有効に使えないか、関係者は真剣に考えるべき」としている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)