• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

救急搬送困難4950件 2週連続で最多更新

総務省消防庁は25日、患者の搬送先がすぐに決まらない「救急搬送困難事案」が、17~23日の1週間に全国52の消防で計4950件あったと発表した。前週(10~16日)の4151件を上回り、過去最多を2週連続で更新。うち37度以上の発熱や呼吸困難など、新型コロナウイルス感染が疑われるのは29%の1416件だった。

出動中の救急車
出動中の救急車

冬季はもともと、寒さによる心疾患の増加や雪の事故などで救急需要が高まる。さらにオミクロン株の感染が急拡大したことや、医療機関がコロナ患者用の病床を増やして一般病床が圧迫されたことが事案の増加につながったとみられる。厚生労働省は20日、コロナ病床の柔軟な運用を都道府県に要請した。

地域別では東京消防庁が最も多く、前週比22%増の2632件。大阪市消防局が17%増の411件、横浜市消防局は36%増の285件。うちコロナ感染が疑われる事案は、東京が39%増の660件、大阪は93%増の143件、横浜は29%増の123件。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)