• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

バス事故で国に賠償命令 無罪運転手に約430万 札幌地裁

北海道白老町で平成25年、乗客13人が重軽傷を負ったマイクロバス横転事故を巡り、自動車運転過失傷害罪に問われ、無罪が確定した運転手の高橋雅彦さん(62)が「違法な起訴で精神的苦痛を受けた」などとして、国に約760万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁は25日、国に計約430万円の支払いを命じた。

札幌地裁=札幌市中央区
札幌地裁=札幌市中央区

訴状によると、札幌地検室蘭支部は必要な裏付け捜査を行わずに、ハンドルやブレーキを的確に操作せず注意義務を怠ったとして起訴したため、精神的苦痛や経済的損害を受けたとしている。

高橋さんは27年に在宅起訴されたが、札幌地裁室蘭支部は31年3月、車体部品の破損が事故の原因になった可能性があるとして無罪を言い渡し確定している。

事故は25年8月26日に発生。高橋さんの運転するバスは新千歳空港から登別市のホテルに宿泊客を送るため道央自動車道を走行中、中央分離帯に接触して横転。3人が骨折などの重傷、10人が軽傷を負った。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)