• 日経平均28546.98727.65
  • ドル円133.44133.45

賃上げの必要性で一致 労使が会談、春闘本格化

経団連の十倉雅和会長と連合の芳野友子会長は26日に東京都内で会談し、令和4年春闘に関して意見交換した。十倉会長は「企業の責務として、賃金引き上げ(賃上げ)と総合的な処遇改善に取り組んでいくことが極めて重要」と強調。芳野会長は日本が抱えるさまざまな課題克服のため「人への投資の充実が欠かせない」と応じ、賃上げの必要性で意見が一致した。

経団連と連合の会談会場=26日午前、東京都千代田区
経団連と連合の会談会場=26日午前、東京都千代田区

会談後、報道陣の取材に応じた十倉会長は「(連合側とは)問題意識を共有できた。『協創』のパートナーという形でこれからも議論を深められれば」と感想を述べた。

連合は4年春闘で、基本給を底上げするベースアップ(ベア)の2%程度を含む4%程度の賃上げを求めている。一方、経団連も賃上げ自体には前向きだが、業種横並びや一律での引き上げには否定的だ。個別企業の交渉は2月中旬ごろから本格化。3月中旬には大手の集中回答日を迎える。(井田通人)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)