• 日経平均28009.35-239.89
  • ドル円134.89134.91

拉致問題に焦点 維新など野党の動きが活発化

野党が今回の通常国会で、北朝鮮による拉致問題に焦点を当てる動きを活発化させている。

衆院予算委で質問する日本維新の会の金村龍那氏=26日午後、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)
衆院予算委で質問する日本維新の会の金村龍那氏=26日午後、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)

日本維新の会の金村龍那氏は26日の衆院予算委員会で、拉致被害者の横田めぐみさんを題材にしたドキュメンタリーアニメ「めぐみ」などに言及した上で、「人権教育に生かしたらどうか。拉致事件の事実そのものをしっかり後世に伝えていくことはわれわれ一人一人の課題だ」と訴えた。

これに対し、末松信介文部科学相は教育現場で行われている事例を紹介し、「拉致問題はわが国の主権、国民の生命と安全にかかわる重大な問題だ。文科省としても若い世代に一層の理解促進を図ることが必要だ」と答えた。

馬場伸幸共同代表も20日の衆院本会議での代表質問で、めぐみさんら被害者と救出活動に奔走する家族の闘いを描いた映画「めぐみへの誓い」を紹介。その上で「ミュンヘン在住の日本人の方が多くのドイツ国民に見てもらおうと総領事館に協力を要請したが、まったく取り合ってくれなかったそうだ。現在の政府の対応では『最重要課題』という言葉がむなしく響く」と問題提起した。

馬場氏は26日、自身のツイッターで、この日本人から、代表質問直後に総領事館から接触があったとのメールが届いたと報告。「われわれが率先してやらなければならないことに献身的に取り組んでいただいていることに改めて心から感謝を申し上げたい。外務省の素早い対応にも敬意を表したい」と発信した。

国民民主党は前原誠司元外相が25日の衆院予算委で、産経新聞に掲載されためぐみさんの母、早紀江さんによる「めぐみへの手紙」を紹介し、早期解決を首相に促した。立憲民主党は26日の党拉致問題対策本部で、関係団体からヒアリングを行った。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)