• 日経平均27885.8765.47
  • ドル円137.27137.30

外交官ら退避拡大に警戒 ウクライナ、露「侵攻」めぐり

ウクライナのゼレンスキー大統領は25日、ロシア軍の侵攻を懸念し、米英などが在ウクライナ大使館職員らの退避を決めたことは「複雑な外交ゲーム」の一端だとの見解を示し、退避の動きが拡大することに警戒感を示した。タス通信が伝えた。

ゼレンスキー氏は「欧州連合(EU)や多くの国の大使館は職員を残している」と述べた。各国の大使館がある首都キエフで混乱は起きていないが、外国資本が逃げることなどを懸念しているとみられる。

ゼレンスキー氏は、ロシアと隣接するウクライナ東部の状況は安定しているとし「けが人も死者もゼロだ」と語った。

一方、クレバ外相は25日に報じられた米CNNのインタビューで「米政府はロシアによるいかなる侵攻や干渉にも忠実に対応すると保証した」と述べ、米国との協力関係を強調した。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)