• 日経平均26402.84-508.36
  • ドル円127.34127.35

「頭金ゼロ」で4000万円の戸建てを購入…身動きがとれなくなった40代夫婦の後悔

PRESIDENT Online

頭金なしで住宅購入をすることはできるのか。ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんは「想定外の事態が起きることがある。最低でも売値の1割は頭金として入れた方がいい」という--。(※相談者のプライバシーに考慮して、事実関係の一部を変更しています。あらかじめご了承ください。)

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/kokouu
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/kokouu

安田さん(仮名/40歳→45歳)のケース

本人・会社員(年収600万円)

妻・専業主婦

子供・保育園児(4歳)

住まい・郊外の一戸建て(住宅ローン月12万円)

4000万円の新築一戸建て、毎月の返済額は12万円

「同じ家賃を払うんだったら、買っちゃった方がいいかなって」

家を買うことを決めた人からよく聞く言葉ではないでしょうか。今回は金利の安さに惹かれ、頭金ゼロで住宅ローンを組んだ安田夫婦(仮名)がハマってしまった落とし穴をご紹介します。

安田さん夫婦は夫の隆夫さんが40歳、妻のいくみさん37歳のとき、東京郊外にある新築物件の購入を決めました。その時点で妊活中だった夫婦は子供の教育資金などを考え、貯金していた手元の500万円はできるだけ残しておきたい、と不動産業者に相談したそうです。

低金利ということもあり、不動産業者の返済シミュレーションでは頭金を入れずとも今住んでいる賃貸マンションの家賃と大差ない金額で月々の返済ができることが判明。「それなら子育てのためにも今買ってしまおう」と、安田さん夫妻は頭金をほぼ入れることなく、憧れの新築一戸建てを4000万円で購入したのです。月々の返済金は12万円でした。

5年後に売却しようとしたら「オーバーローン」に

そして5年後。無事に子供が生まれ、4歳児との3人暮らしを送っていたある日、隆夫さんの両親からSOSが入ります。母親が病気になって動けなくなってしまったことから、実家のある京都に戻ってきてくれないか、というお願いでした。

両親が心配な隆夫さんは妻にも相談し、京都の実家のそばで暮らすことを決意。マイホームを手放そうと不動産業者に査定をお願いすると、出てきた価格は3200万円。しかしこの時点でローンの残債は3500万円。いわゆる“オーバーローン”になってしまったのです。

手元資金としてあった500万円も、不動産購入時の諸費用で300万、さらに家具などの購入費もあり、貯金は150万円になっていました。

貯金をすべてはたいてお金をかき集めれば、差額の300万は返済できなくはない額です。しかし、家族がいる中で現金をすべて投じるわけにもいきません。安田さんは移住を決意したにもかかわらず動くに動けなくなってしまい、新幹線で毎月、京都に暮らす両親を見舞う生活を余儀なくされています。交通費もばかにならないので、「最近は夜行バスに切り替えている。この歳だと体にこたえるね」と話していました。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)