• 日経平均26703.43-44.71
  • ドル円126.78126.79

12球団、1日キャンプイン 2年ぶりの有観客に細心の注意

プロ野球は1日に宮崎、沖縄両県で12球団の1軍が一斉にキャンプインする。昨季は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で無観客で行われたが、今季は2年ぶりに有観客(上限2万人)で実施。連絡先把握のため、事前予約制や独自のアプリを導入する球団もある。選手らへの定期検査の回数を増やすなど感染防止策を講じ、3月25日のセ、パ両リーグ同時開幕に向けて細心の注意を払いながらチーム強化に努める。

昨季日本一のヤクルトがキャンプを行う球場には、キャンプインを前に球団ののぼりが立てられていた=31日午後、沖縄県浦添市
昨季日本一のヤクルトがキャンプを行う球場には、キャンプインを前に球団ののぼりが立てられていた=31日午後、沖縄県浦添市

宮崎県ではソフトバンク、巨人、オリックスなど5球団が始動。沖縄県にはヤクルト、楽天、日本ハムなど7球団が集う。日本野球機構(NPB)はキャンプインを前に昨季の感染予防ガイドラインを改訂。感染力の強いオミクロン株に対応するため、昨季は週1度のペースだった定期検査を週2度に増やした。

感染者が出た場合は通常、48時間前以降からの濃厚接触者の洗い出しを72時間前以降まで広げ、濃厚接触が疑われる選手を隔離する独自基準も設定。新たに観客とチームの動線を分けることも盛り込まれた。サインや写真撮影などのファンサービスを自粛する球団は多いが、選手らは「ファンがいることで、つらい練習も頑張れる」と有観客を歓迎する。

観客を迎えるにあたり、各球団はさまざまな感染防止策を講じる。新庄監督の就任で注目される日本ハムは球団の公式チケットサイトで連絡先を登録した上で来場する事前予約制を導入。巨人は氏名や住所などを登録する独自の「来場登録アプリ」のインストールを要請している。楽天などワクチン接種証明またはPCR検査の陰性証明を求める球団もある。

今年に入り、オリックスの宮城、日本ハムの近藤ら全12球団の選手や首脳陣に感染者が続出した。17日に感染が判明したソフトバンクの柳田は1軍本隊から離れ、福岡県内でスタート。昨季、20年ぶりの日本一に輝いたヤクルトの高津監督は近親者が陽性判定を受け、万全を期すため、キャンプ地入りを遅らせた。

直前に1、2軍のキャンプメンバーの入れ替えや予定していた紅白戦などのメニュー変更を余儀なくされた球団も少なくない。西武の辻監督は「濃厚接触者となった選手に限っては第1クールはスロー(調整)になると思う。感染しないように、対策を練ってチームとしてやっていくしかない」と気を引き締めた。(神田さやか、五十嵐一)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)