• 日経平均26739.03336.19
  • ドル円127.85127.88

島津製作所、社長交代 専務執行役員の山本氏が昇格

島津製作所は31日、上田輝久社長(64)が代表権のある会長に就き、取締役専務執行役員の山本靖則氏(62)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。中本晃会長は相談役に退く。海外経験が豊富な山本氏を起用することで、グローバル市場での成長を目指す。

島津製作所の新社長に就任する山本靖則氏=31日午後2時すぎ、京都市(井上浩平撮影)
島津製作所の新社長に就任する山本靖則氏=31日午後2時すぎ、京都市(井上浩平撮影)

 「私は〝物理屋〟だ。会社は化学のバックボーンが重要な分野に力を入れているが、精いっぱい頑張りたい」。社長昇格を発表した会見で、山本氏は力強く語った。

 就任を打診された際は、会社が現在、注力しているヘルスケア事業などと自分の専門の違いを思案し、上田社長と年齢も近いこともあって「困惑し、躊躇した」と明かした。

 半導体の素材の強度を分析する業務に長く関わった技術者だが、ドイツの子会社で社長を務め、営業サービスや経営戦略部門に携わるなど経験も積んでいる。上田社長は「新型コロナウイルス禍で先行きに不透明感がある中、事業環境の変化に柔軟に適応できるレジリエンス(回復力)と経歴、素養を有している」と高く評価する。

 令和4年度は「社会課題解決のための仕組みづくりを進める」とした中期経営計画の最終年度にあたる。「上田社長がまいた種を大きく育てる」と強調。さらに環境改善につながる技術革新を軸とした次の中計の準備に意欲を示している。(井上浩平)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)