• 日経平均26153.81218.19
  • ドル円135.73135.74

スイッチ1億台突破 任天堂、通期予想引き上げ

任天堂は3日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の世界累計販売台数が1億台を突破したと発表した。昨年12月末時点で1億354万台が売れており、据え置き型ゲーム機として人気を博した同社の「Wii(ウィー)」(1億163万台)を超えた。

スイッチはテレビにつなぐ据え置き機と、持ち運べる携帯機の両方の特色を備えており、平成29年3月に発売された。現在は発色が豊かな有機ELディスプレーを搭載したモデルと携帯専用の「スイッチライト」を加えた3機種を展開している。

また、任天堂は同日の決算発表で、令和4年3月期の通期連結業績予想を上方修正し、売上高を1兆6千億円から1兆6500億円に、最終利益を3500億円から4千億円に引き上げた。年末商戦を通じてスイッチの有機ELモデルやソフトの販売が好調に推移し業績を牽引(けんいん)。4年3月期のソフトの販売本数予想も従来の2億本から2億2千万本に引き上げた。

一方で半導体不足の影響は継続しており、同期のスイッチ全体の販売台数予想は従来見通しから100万台少ない2300万台に引き下げた。オンラインで記者会見した古川俊太郎社長は「新型コロナウイルスや半導体不足による影響が引き続き不透明で、今後も生産や出荷に支障をきたす恐れがある」と話し、警戒感をにじませた。

また、インターネット上で現実に近い体験ができる仮想空間「メタバース」市場への参入について「大きな可能性を秘めた分野」としつつ、「新鮮な驚きや楽しさを提供する任天堂らしいアプローチが見つかれば検討するが、現時点では難しい」との見方を示した。

同時に発表した3年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比6・0%減の1兆3202億円、最終利益は2・5%減の3673億円だった。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)