• 日経平均26422.05248.07
  • ドル円144.52144.53

公明・北側副代表「オンライン国会、早急に検討を」

公明党の北側一雄副代表は3日の記者会見で、国会でのオンライン審議の導入について与野党で議論すべきだとの認識を示した。「緊急事態の際に国会機能をどう維持するかとの観点からオンライン国会の問題がある。憲法上、許容されるとすればどういう手続きが考えられるか。早急に検討しなければならない」と述べた。

公明党・北側一雄副代表(春名中撮影)
公明党・北側一雄副代表(春名中撮影)

オンライン審議の必要性は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、これまでも議論されてきたが、総議員の3分の1以上の「出席」を求める憲法56条の規定がネックとなって実現していない。

北側氏は「民間のみなさんには出勤しないでテレワークでの仕事をお願いしている。国会でも真剣にオンライン国会について議論しなければならない」と主張。「その大前提として憲法上の位置づけや許容性をしっかり憲法審査会で論議すべきだ」と語った。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)