• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.27

輸入品2割超で中国依存 供給網に弱さ

内閣府は3日、日本を取り巻く経済情勢を報告する「世界経済の潮流」を公表し、日本は中国からの輸入依存度が高い品目が全体の2割超に上るとの実態を示した。「輸入先が特定の国に頼る傾向が強まれば、供給ショックなどのリスクへの対応がより困難になる。備えが重要だ」とし、脆弱性を抱えるサプライチェーン(供給網)強化の必要性を指摘した。

中国・北京で、五輪マークの近くではためく中国国旗 (ロイター)
中国・北京で、五輪マークの近くではためく中国国旗 (ロイター)

2019年時点で全体の約5千品目のうち、中国からの輸入が金額ベースで5割以上を占めるのは1133品目と、23%に上る。衣類やゲーム機、マスクなどの家庭用品のほか、携帯電話やパソコンで特に比率が高い。

米国の場合は590品目、ドイツでは250品目で、日本が突出している。報告では、中国からの輸入が滞れば、消費者が普段手に取る最終需要財に影響が出やすいと分析した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)