• 日経平均27120.53128.32
  • ドル円144.77144.80

サポカー運転条件正式決定 違反高齢者の実車試験も

警察庁は3日、5月から始まる「サポートカー(サポカー)限定免許」で運転できる車の条件や、一定の違反歴がある75歳以上のドライバーが受ける運転技能検査(実車試験)の内容を正式に決定したと明らかにした。決定を踏まえ、道交法施行規則を改正する。

警察庁などが入る合同庁舎=東京都千代田区
警察庁などが入る合同庁舎=東京都千代田区

警察庁によると、サポカー限定免許で運転できる車は2種類。一つは、令和2年度以降の製造で、国の性能認定を受けた衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)と、ペダルを踏み間違えたときに急加速を防ぐ装置のある車で、もう一つは、3年11月以降に販売の国産新型車に義務付けられた自動ブレーキの保安基準を満たした車。

違反歴がある高齢者対象の実車試験は、免許更新の通知が届いた日から過去約3年間に、信号無視など11種類の違反を一つでもした人が対象。免許更新時に試験を受け、一時停止などの課題を100点満点の減点方式で採点する。普通免許は70点以上で合格となる。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)