• 日経平均26985.45114.18
  • ドル円135.39135.42

いすゞ38万台改善対策 手すり破損、負傷事故も

いすゞ自動車は4日、車体に取り付けた手すりが破損し、清掃や整備の作業中に転落する恐れがあるとして、トラック「ギガ」やバス「エルガ」など11車種、計38万3653台(昭和58年6月~平成21年10月生産)を無償で回収、修理する改善対策を国土交通省に届け出た。

国交省によると、手すりは樹脂製で日光などによる経年劣化が原因。転落して手首を骨折するなど負傷事故がこれまで13件起きており、対象車両の手すりを取り外す。

また、部品メーカーのデンソーは、トラック用冷凍機1万7583台の自主改善を届け出た。カバーが破損する恐れがあり、対策品に交換する。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)