• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.26135.36

花粉症対策アンケート 医師の4割強が「食品に効果なし」 

花粉症対策の方法をめぐり、4割を超える医師が「対策として摂取を推奨する食品はない」と回答したことが、医師向けの転職サイトなどを手掛ける「医師のとも」(東京)が行ったアンケート調査でわかった。有効な対策としてはマスクやうがい、メガネなどの花粉の暴露を回避する手法が上位を占めた。市販薬では久光製薬のアレルギー専用鼻炎薬「アレグラ FX」が最も多くの票を獲得した。

アンケートで医師の4割強が「花粉症対策に有効な食品はない」と回答(Getty Images)※画像はイメージです
アンケートで医師の4割強が「花粉症対策に有効な食品はない」と回答(Getty Images)※画像はイメージです

マスク習慣で「花粉症患者が減少」の声も

アンケートは昨年12月10~19日、全国の20~80代の医師842人を対象にインターネットで実施。花粉症対策として「おすすめする(または自分が実際に摂取している)食べ物・飲み物」について尋ねたところ、最も多かったのは「特になし」の43.6%だった。食品ではヨーグルトなど腸内環境を整え、免疫力向上につながるとされる乳酸菌や発酵食品をあげる回答も寄せられたが、「特になし」と答えた医師の多くは、それらの食品の有効性について「医学的根拠がない」と否定的な見解を示した。

医師としておすすめする(または実際に摂取している)花粉症対策の食べ物・飲み物は?(医師のとも提供)
医師としておすすめする(または実際に摂取している)花粉症対策の食べ物・飲み物は?(医師のとも提供)

「おすすめする(または自身が実際に取り組んでいる)花粉症対策」として最も多くの票を集めたのは、マスク。新型コロナウイルス禍で必須アイテムとなっているマスクだが、花粉に対しても体内に吸い込む量を約3分の1から6分の1に抑制するというデータがあるといい、アンケートには「マスクを普段からつけていたら花粉症の症状が軽くなった」「花粉症の患者さんが少なくなったのは、マスクをするようになったからでは」といった意見も多く寄せられた。

「おすすめする(または自分が実際に服薬している)花粉症の市販内服薬」について尋ねた結果、「処方薬と成分がほぼ同じ」「市販薬の中では効果が高いと評判」「眠くなりにくい」との理由から、久光製薬の「アレグラFX」が362票と最も多い支持を獲得。続いてエスエス製薬の「アレジオン20」(200票)、大正製薬の「クラリチンEX」(86票)という結果だった。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)