• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.75144.78

大阪でも自衛隊接種開始 1日2500人に拡大へ

自衛隊が運営する大阪の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場が7日、大阪市中央区に開設され、3回目の希望者を対象に接種が始まった。来場者からは「地元の病院は予約が埋まっていたので会場が遠くても早く打ちたかった」との声も。1日960人の接種枠でスタートしたが、岸田文雄首相は同日の衆院予算委員会で今月14日をめどに2500人程度まで拡大すると明らかにした。

自衛隊が運営する大阪の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場=7日午前、大阪市中央区(永田直也撮影)
自衛隊が運営する大阪の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場=7日午前、大阪市中央区(永田直也撮影)

会場となった中央区久太郎町の「堺筋八木ビル」には午前8時の開場に合わせ、接種券を手にした人たちが訪れた。問診を済ませた後、看護官が待つブースに入り接種を受けた。

大阪会場は民間スタッフを含む160人態勢で運営。対象は市区町村から3回目接種券が届いた18歳以上で、専用サイトなどで予約が必要。13日までの第1週の予約は埋まっている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)