• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.27

7人に6人「不安」感じながら生活 国連報告、社会格差が拡大

国連開発計画(UNDP)は8日、世界の7人に6人以上が不安を感じながら生活しているとの報告書を発表した。経済成長だけを追い求めてきた結果、社会格差が拡大し、地球環境への負荷も高まっていることが背景にあるとして、人間や環境に配慮した持続可能な開発モデルが必要だと訴えた。

高所得国であっても10年前より不安を感じる傾向が強まっていると分析。今後の社会発展では気候変動が大きなリスクになり、気温の上昇が原因で死亡する人々は今世紀末までに世界で約4000万人に達する可能性があると予測した。

報告書は、日本政府が外交の柱として推進してきた「人間の安全保障」をテーマにしたもの。UNDPのシュタイナー総裁は「社会が大きなストレスにさらされていることを認識し、進歩の意味を再定義する時だ」と強調した。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)