• 日経平均26804.60-244.87
  • ドル円136.59136.60

「もう白物家電じゃない」日立が冷蔵庫の10色展開に踏み切った深い理由

PRESIDENT Online

コロナ禍で“セカンド冷凍庫”をヒットさせた日立グローバルライフソリューションズは、この春、10色展開の冷蔵庫を発売した。白物家電の1つである冷蔵庫でカラーバリエーションにこだわった理由とは。マーケティングライターの牛窪恵さんが開発者に取材した--。

10色展開のChiiil 写真提供=日立グローバルライフソリューションズ
10色展開のChiiil 写真提供=日立グローバルライフソリューションズ

冷凍食品を食べる人が急増

「わが家の冷凍庫がいっぱいで、もう入らない」……。新型コロナウイルスの感染がいまだ終息しないなか、外食にも行けず、買い貯めした「冷凍食品(冷食)」の保存場所に悩む人も多いでしょう。

コロナ禍(2021年)で行われたある調査でも、「夕食時に冷食の利用が増えた」との回答が、3割(日本冷凍食品協会調べ)。また。同年秋にマルハニチロが実施した調査では、冷食を「週1日以上」利用する男女が約6割(57.5%)いて、コロナ前の2年前の調査(45.8%)を、1割以上も上回りました。

冷食利用が増えるなか、入れ物である冷蔵庫の「買い替え」も目立っています。とくに20年度は、「特別定額給付金」(国民1人当たり10万円支給)の影響もあり、冷蔵庫の出荷額も4525億円と、19年度対比で3.1%伸びました(21年日本電機工業会調べ)。

セカンド冷凍庫が注目されはじめる

一方で、冷蔵庫を買い替えても、冷やせるモノの容量が劇的に増えるとは限りません。とくに日本の場合、わが家も含め、キッチンやダイニングのスペースがさほど広くない家庭が多く、超大型の冷蔵庫を置けるケースは稀でしょう。

そこで、21年夏ごろから注目され始めたのが「セカンド冷凍庫」。その名の通り、2台目の冷凍庫として購入、利用する人が多いとされ、家電量販店でも注目される存在に。

その一つが、日立グローバルライフソリューションズ(以下、日立GLS)の冷凍庫「R-K11R」です。

冷蔵・冷凍が切り替え可能

高さは1mちょっと(約1.11m)、幅50cm弱(約46cm)という、片開きのコンパクトでスタイリッシュな冷凍庫で、21年3月に販売を開始。おうち時間の増加に伴う“2代目”の冷凍庫(冷蔵庫)需要の高まりを受け、着実に販売台数を伸ばしているといいます。

実はこの冷凍庫に、日立GLSならではの、ユニークな機能が備わっているのです。

それが、「ぴったりセレクト」。19年1月、先行して大容量の冷蔵庫(R-KX567Lほか)に搭載された機能で、利用シーンに合わせて「冷蔵」「冷凍」を簡単に切り替えられ、それぞれの冷却レベルをさらに「強め」「標準」「弱め」の3段階に設定できます。

「コロナ以前から、消費者のライフスタイルの多様化を実感していました。そんななか、メーカーとしてなにが提供できるのか、との視点で発想したシステムです」と話すのは、同・国内商品企画部の小川真申さん。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)