• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.20

鼻から投与ワクチン、4年度治験入り 塩野義と千葉大

塩野義製薬と千葉大学は10日、新型コロナウイルスなどの感染症予防に有効な「粘膜免疫ワクチン」に関する共同研究部門を設置すると発表した。まずはコロナの鼻から投与する経鼻ワクチンについて、令和4年度中の臨床試験(治験)入りを目指す。

共同研究を発表した塩野義製薬の手代木功社長(左から2人目)と千葉大学の中山俊憲学長(中央)=10日午前、東京都千代田区
共同研究を発表した塩野義製薬の手代木功社長(左から2人目)と千葉大学の中山俊憲学長(中央)=10日午前、東京都千代田区

コロナなどの感染症を引き起こす病原体は、鼻やのどから始まる呼吸器の粘膜から侵入し、肺炎など重篤な症状を発症する。粘膜免疫ワクチンは鼻から投与し、鼻や口の粘膜に抗体を付けることで病原体の侵入を防ぐ仕組みだ。

メリットとしては、注射ワクチンのように注射器や針が必要なく、注射を受ける人の精神的な負担も軽減できる。注射よりも接種が簡単なため、医療従事者を十分に確保しなくても接種体制をつくれるという。

ただ、接種しても粘膜が鼻水でたれる恐れがあるほか、鼻粘膜に分解酵素が含まれることや、鼻腔が脳に近いといった課題もあることから、共同研究により効果的で安全なシステム開発を目指すとしている。

研究開発拠点として、千葉大病院に「ヒト粘膜ワクチン学」共同研究部門を設置し、今年4月に始動。設置期間は5年で、コロナのほか、インフルエンザと肺炎球菌の経鼻ワクチン開発にも取り組む。実務や研究は主に大学側のスタッフが担当し、塩野義は臨床開発の研究員を派遣する。

塩野義の手代木(てしろぎ)功社長は記者会見で「所得の低い国には、2、3週間おきの注射の接種が簡単にできないケースもある。自分で接種することもできる経鼻ワクチンのニーズは必ずあるはずで、今回の連携で一歩踏み込みたい」と強調した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)