• 日経平均26702.50-45.64
  • ドル円126.78126.79

F15事故、墜落と判断 空自、機体引き上げへ

航空自衛隊は10日、小松基地(石川県小松市)でF15戦闘機が離陸後にレーダーから消失した事故で、周辺海域から機体の主要部分が発見されたことから事故機は海中に墜落したと判断したことを明らかにした。これまでは墜落と推定したとしていた。搭乗員2人は行方不明のままで、空自は捜索活動を続けている。

空自によると、事故海域周辺では機体の外板やブレーキ、排気口や水平尾翼などが海中から回収された。機体番号や部隊マークが入った垂直尾翼も見つかったため、当該機は墜落したと判断した。操縦席やフライトレコーダーは見つかっていない。

機影がレーダーから消失したのは小松空港から西北西へ約5キロの日本海の海域で水深は100メートル弱。空自は海底に沈んだ機体の引き揚げをサルベージ船に依頼している。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)