• 日経平均00
  • ドル円127.83127.86

地上で撮った写真の場所を空から特定、精度は85.6% NEC開発 災害救助などに活用へ

ITメディア

NECは2月10日、写真に映る景色を基に撮影場所を特定する技術を開発したと発表した。目印となるランドマークが映っていなくても特定可能で、災害時の救助活動での活用を目指す。(ITmedia)

地上画像と衛星画像・航空写真を照合して撮影場所を特定
地上画像と衛星画像・航空写真を照合して撮影場所を特定

地上で撮影された画像と衛星画像・航空写真を対応づけて機械学習させ、両者を照らし合わせてることで撮影場所を特定する。照合精度は85.6%。1枚の画像から建物や街路樹などの被写体を分離した画像を自動生成して学習させることで、時間経過による変化や、撮影画像と衛星画像に映り込むオブジェクトの違いに惑わされずに場所を特定できるという。

これまでの技術では目印となる建物(ランドマーク)を基準に場所を特定していたが、ランドマークがない地域では精度が出ない問題があった。NECは衛星写真や航空写真など広域を捉えた画像を利用することでさまざまな地域で使えるようにした。

今後は災害時の救助活動や被災状況の確認などでの活用を検討。この技術を活用する際には、撮影者の同意を得た画像や、写り込んだ人物を特定できないよう加工した画像などを利用するとしている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)